FAQ

プリザーブドフラワー・アーティフィシャルフラワーの違いって何?枯れちゃったりしないの?どんな所に置いてもいいの?

そんなご質問の参考になればと思います。今後も参考になりそうなご質問はこちらへアップしていく予定です。


プリザーブドフラワーとは?

プリザーブドフラワー[Preserved Flower]とは、「保存された花」という意味です。生花のの水分を保存料と交換させ、見た目が変わらないように加工されたお花です。保存料といっても食用の着色料などを使用しているため食べても害はありません。お水をあげなくても(お水はむしろ苦手なので、水気はないところへ置いてください)枯れることはありませんので、ご安心くださいね。


アーティフィシャルフラワーとは?

アーティフィシャルフラワーとは、生花をリアルに再現し、生花にはない美しさを表現した造られた花です。

主にポリエステルやポリエチレンといった素材で作られており、年々クオリティも向上し高い芸術性と耐久性で、世界的に高い評価を受けています。


どのくらい保つの?

保存状態が良ければ10年以上保存できるとも言われていますが、10年と言うのはよほど保存状態・環境が良い場合で、だいたい3年~5年と言われる事が多い様です。アンジュローズではプリザをより長く、美しい状態を保つことができる、花時計やフレームアレンジ、フォトフレームなど(ケースの中に入れてしまいます)が大変人気があります。


置き場所など気にした方がいいの?

置き場所は、上記の保存状態に影響しますのでご参考にしてくださいね。

まず、花器アレンジなどのプリザは、ケースから出さずに置いていただける方が美しい状態を保つ期間が長くなります。また窓辺などの直射日光が当たるような場所も避けていただけると、色落ちが遅くなります。そして、水気のある場所、水周りなどを避けていただければ、より長く楽しんでいただけると思います。

 

 置き場所の注意事項を箇条書きにしました。

  1. 湿気がない場所、水気のない場所
  2. ケースに入っていたら、ケースに入れて飾るのがBEST
  3. 窓辺などの直射日光が当たる場所は避ける

 


プリザーブドでブーケを作りたいと考えているのだけど、ドレスへの色移りがあるって聞いたけど?

 確かにプリザーブドフラワーの色移りは心配ですよね。

ですが、アンジュローズのブーケはドレスへの色移りが無いように、アーティフィシャルフラワーなのでドレスの当たりそうな箇所をカバーいたします。ですので新婦様が安心してブーケを手にすることができます。


ブーケでお花が落ちた場合は直してくれるの?

基本的にお作りするブーケは、お花が落ちない作りになっています。ですが、タイミングが悪く何かに当たってしまったりして、お花が散ってしまうことがあります。これはプリザも生花と一緒で、強い衝撃にはどうしても対応できません。ですので、その箇所をお直しすることは可能ですので、またご連絡いただければ対応いたします。ご遠慮なくお申し付けください。 


海外挙式でブーケを持って行きたいのだけど、機内への持ち込みってできるの?

機内に持ち込み可能なブーケボックスをご用意しております。長距離移動でも大丈夫な固定でブーケを安全にお運びできるように対応しております。